捨てるものを選ぶことと持ち続けるものを選ぶことは別

もともとこのブログは、持っているものを掲載するために作った。

ずっと持ち続けたいと思うもの。

それでもライフスタイルが変わったり、消耗して、手放したり買い替えたりしている。

 

一方で、これはもう捨ててもいいのではないだろうか、

だれかもらってくれないかなと

手放すことを検討しているものがたくさんある。

そんなに簡単には捨てられない。

ただ、持ち続けたいものを選ぶことで、

これは捨てられるかもしれないと思うことが増えてきた。

 

断捨離やミニマリストの潔さとは程遠い、一歩ずつの歩みだ。

さあ、今日もまた、手放してもいいと思うものを抜き出そう。

次第に内臓脂肪のような隠れた不要品が減り、

いつかはすっきりとシンプルな家になるのかもしれない。

今は減らす必要を感じていない家族の協力も必要、

わたし自身の意識ももっと変えなくてはならない。

少しでもその日が早く来ますように。

ジャーナル | comments(0) | -

小さな旅

毎日は、小さな旅。旅の荷物は小さい方がいい。

おみやげは、経験と記憶。

そうなったらどんなにいいだろう。

長年にわたって積み重ねてきたものの堆積は、なかなか減らない。

手放しても手放しても、小さな荷物になかなかならない。

ひとつずる向き合いながら、これは手放す?取っておく?と問いかける。

一週間前は手放せなかったものが、手放せるようになることもある。

やけくそになって手放さず、ひとつずつ考える。

お片付けのセオリーには全然合わないけれど

わたしなりのやりかたで、一歩ずつ片づける。それでいい。

 

今日、たったひとつ持っていた本物の大粒真珠のピアスの片割れが出てきた。

長く片方しか無くて、とうとう決意して手放したのだが、その片割れ。

出てくるなんて思いもしなかった。こんなこともある。

片割れを手放さなければよかったか?

いいえ、きっとこれは、このピアスにまつわる

人には言わない負の感情を手放せと言うことだったのだろう。

 

旅の荷物は小さく。後悔はしないこと。

ジャーナル | comments(0) | -

欲しい服があるのだけれど

ていねいに縫った、ちょっと変わった服がある。

ここの服はいつも、とてもすてきだ。

糸紡ぎから人の手を経てきたものもあり、草木染、手縫いの物もある。

それが欲しいのだけれど、今年の夏は服が足りている。

だから、買わないかな?と思って、帰ってきた。

次の夏までに、また欲しい服が出てくるかもしれない。

それをひとつずつ、心に刻みながら、足りなくなった時に一番好きなものを買おう。

 

本当は、わたしの気に入るようなものは一期一会なのだけれど、

急いで買わないことにした。

 

欲望に突き動かされて買うのは、

それが二度と会えないモノだったとしても衝動買いなのかもしれない。

数を持たないと決めてから、立ち止まることが多くなった。

気に入ったもののエッセンスを吸い込みながら、

必ずしも手に入れなくてもいいと思う。

ジャーナル | comments(0) | -

旅行鞄を捨てる

思い入れのある旅行鞄を捨てることにした。

たくさん海外に出かけていたころ、かなり思い切った出費をして買った鞄だ。

たくさんの旅の思い出がここにはこもっている。

ほとんど海外に出かけなくなって、使わずにいたのだが、

家族が仕事で旅行に出かける時に貸した。

 

しばらく経って、押入れを開けるとどうも悪臭がうっすら漂う。

その元がこの鞄だった。

出先でなにか失敗したのだと思う。

それを一応掃除したつもりでしまったのだろうが、

こもった押し入れの中ではにおいがこもっている。

一言言ってくれたらまた手入れも掃除も違っていたのだけれど

気づかず半年以上経っていた。

手入れをしたけれど、匂いはどこかうっすら残っている。

家族はその後旅行に出る時も、この鞄を手にしない。

未練がましくずっと取ってあったけれど、

きっとこの鞄を使う日は来ない。

あまりよくない記憶が戻ってしまうだろう。

 

だから、数日間手近においてみたのだけれど、

この鞄はもう手放そう。

その方が、お互いのため。

手放しても、旅の記憶はきっと無くならないから。

 

ジャーナル | comments(0) | -

銀行口座がシンプルにならない話

本当だったら、口座はひとつ。それがシンプルでいいと思う。

あちこち移したり、残高を気にしたり、わたしのように数字のきらいな者にはストレスだ。

仕事をしている人なら、仕事用と私用で2つ。そうなったらいいのに。

とはいえ、仕事先から、引き落とし先から、金融機関を指定されることも多い。

ネット専業の銀行は、いろいろ工夫があって使いやすいが、

指定金融機関はゆうちょ銀行か都市銀行。

現在、6つも口座がある。

口座ごとに、重要書類、カード、通帳、パスワード、印鑑またはサイン。

管理するものが複雑極まりない。

一応アラートを設定して、ふだんは考えないことにし、

時々減らせないか考えることにした。

ネット銀行ばかりだと有事の時が心配なので、

きっと通帳のある銀行も使うんだろうな。

通帳のことより、口座番号の控えを作ることの方が先かもしれない。

 

堂々巡りをしながら、口座が減らせないかと考えている。

 

ジャーナル | comments(0) | -

健康になること

本当に贅沢なことって、いろんなものを持っていることじゃなく、

身ひとつで、健康で、健全で、ゆとりがあることだと思う。

楽しさ、幸せ、気持ちの良さ、そんなものを感じる生活。

物を手放しながら、ずいぶん遠回りをしたなと思う。

買ったら「いい生活」が手に入るはずだったのに。

 

どうやら、好きなものを食べて健康。

ただし、筋肉が足りていないのは一目瞭然。

力が弱く、持久力も無い。

じゃあ、ジムに行く?

そんなもったいないことをしなくても、今はスマホのアプリで

ヨガやワークアウトのレッスンが手に入る時代。

 

以前より少しだけ広くなった部屋で、少しずつワークアウトを始めた。

ジャーナル | comments(0) | -

冷蔵庫の中もスカスカが好き

一緒に暮らしている人は、冷蔵庫の中を探ると何か出てきそうな満タンの冷蔵庫が夢なのだそうだ。

わたしは冷蔵庫の中はスカスカがいい。

梅雨時、また冷蔵庫が水漏れするようになった。

 

前回の教訓で、おそらく冷蔵庫を隅々まで掃除をすると直ると思う。

無頓着な人は、皿や鉢に残り物を入れるタイプで、

さらに押し込もうとして、しばしば庫内でひっくり返したりする。

ひっそり処分したりしているようだけれど、

うっかりすると冷蔵庫のどこかのパイプに汁が流れて固まったりする。

不潔・・・

不潔は気づかないうちは不潔とは思わないのだけれど、物理的に詰まると水漏れする。

前回一つずつ原因を取り除いているうちにみつけた。

今回も、おそらく同じ原因だと思う。

 

今回、冷蔵庫が満タン中の満タン。

少しずつ中味を減らしたら、徹底的に掃除がしたい。

なにかと家計を引き出して食料を買ってくる人をけん制しなくては。

そして、中味が減ってきたら、すみっこのパイプに至るまで掃除する。

今は家族で350リットルの冷蔵庫だけれど、本当は一回り小さくしたい。

壊れそうになるたびに、「大きくしようよ」「えっ、わたしは小さくしたい」

もめるので、できることなら壊れませんように。

ジャーナル | comments(0) | -

モノ掲載ちょっと休憩

毎日、ここに載っていないものを捨てている。

1日に1個だけは、捨てにくかったものを捨てると決めた。

もう半年以上前のことだ。

それから、取っておいた雑誌や、思い切れない服やいろいろなものを捨てた。

実はまだまだある。

こんなに持っていたかなと思うほどある。

捨てられずにいる物たち。

展覧会で買った豪華な図録や仲のいい友人の旅みやげ、親族からの手紙。

たくさんいただいた線香、買い過ぎたキャンドル、子どもの思い出の小さな指人形。

えいやと思い切れたものも数多いのに、なかなか減らない。

少しずつ前に進めばいいのかもしれない。

入ってくるものが減り、着実に少しずつ減っているのだから。

続きを読む
ジャーナル | comments(0) | -