<< 健康になること | main | 旅行鞄を捨てる >>

銀行口座がシンプルにならない話

本当だったら、口座はひとつ。それがシンプルでいいと思う。

あちこち移したり、残高を気にしたり、わたしのように数字のきらいな者にはストレスだ。

仕事をしている人なら、仕事用と私用で2つ。そうなったらいいのに。

とはいえ、仕事先から、引き落とし先から、金融機関を指定されることも多い。

ネット専業の銀行は、いろいろ工夫があって使いやすいが、

指定金融機関はゆうちょ銀行か都市銀行。

現在、6つも口座がある。

口座ごとに、重要書類、カード、通帳、パスワード、印鑑またはサイン。

管理するものが複雑極まりない。

一応アラートを設定して、ふだんは考えないことにし、

時々減らせないか考えることにした。

ネット銀行ばかりだと有事の時が心配なので、

きっと通帳のある銀行も使うんだろうな。

通帳のことより、口座番号の控えを作ることの方が先かもしれない。

 

堂々巡りをしながら、口座が減らせないかと考えている。

 

ジャーナル | comments(0) | -
 
Comment